新しいキャリアの選択肢

なんとなく敬遠していたNFTアートについて調べてみた

NFTアート

NFTアートの市場規模は、
どれくらいだか知っていますか?

2021年NFT取引総額は176億ドル!
※調査会社L’Atelierより

日本円で約2兆円!

前年比21000倍の成長!

スゴいですよね!

ぼくも、2021年くらいから、
NFTアートの存在は知っていました。

興味もありました。

でも怖かったんです。

なんか難しそう…

別に絵が上手い訳でもないし…

そんな気持ちから、NFTアートのことを
調べもせずに敬遠してたんです。

ぼくと同じような境遇の人は、
多いんじゃないでしょうか?

でも最近になって、NFTアートについて、
しっかり勉強してみました!

NFTアートの世界は、
調べれば調べるほど、
ワクワクする世界です!

気づけば、ぼくもNFTアートを
10万円分くらい買っていました!

この記事を読めば、

  • NFTとは何か?
  • NFTアートの魅力
  • NFTアートのリスク

が分かります。

分かりやすさを意識して
力を入れて書きました!

「NFTアートに興味はあるけど、
まだ挑戦できていない」

そんな人は、
ぜひ読んでみてください!

そもそもNFTとは?

NFTとは、
「Non Fungible Token」
の略称です。

和訳は、
非代替性トークンと言います。

と言っても、
何それって感じですよね。

言い換えればNFTは、デジタルデータが、
本物であることを証明する鑑定書です。

NFTがあることで、
デジタルデータの保有者を明確にできます。

これまでのデジタルデータの世界

今までのデジタルデータは、
コピーし放題でした。

もしGoogleで画像検索をして、
気に入ったものがあったら、
簡単にダウンロード可能。

その気になれば、誰でも、
何百枚、何千枚とダウンロードできます。

そんな背景からデジタルアートは、
現実世界のアートと比べ、
保有や売買という文化はありませんでした。

でもNFTができて
状況が激変しています。

NFTができて変わったこと

NFTが証明書となることで、
デジタルアートを
保有できるようになったんです!

しかもNFTは、
ブロックチェーンの技術を使っており、
セキュリティは最強!

データの改ざんや不正利用はできません。

実は現実世界でも、
「美術館に飾ってあるアートが偽物だった」
という事件は多発しています。

去年で言えば、海外の美術館で、
10億円相当の絵画が偽物だったと判明し、
ニュースになりました。

「鑑定書の偽造が起こっている分、
紙よりもNFTの方が信用できる!」
という人もいる増えています。

NFTアートの用途は様々

アートの用途と聞いて、
あなたは何を思い浮かべますか?

家に飾って、鑑賞したりする。

そんな用途をイメージする人が
多いんじゃないでしょうか?

ただアートには、
これ以外にも様々な用途で
使われています。

まず1つ目に「投資」です。

海外では、アートといえば金融資産です。

将来性のあるアートを早めに買って、
値段が高騰してきたら売る。

ビジネスとしてアートを買う人は多いです。

NFTアートも、
海外投資家が大量に買い漁っており、
その結果、市場が急激に成長しています。

コミュニティ参加券にも!

最近では、
特定のNFTアートを参加券にする
コミュニティも出てきています。

代表的なものだと、
BAYC(Bored Ape Yacht Club)です。

BAYCを保有しているという立場から、
共同体としての意識も強く、

グッズ展開をしたり、
コミュニティを発展させることに、
意欲的人が多いそうです。

日本でも、
NFT Marketing Orchestraという
NFTアートが参加券のコミュニティが
できています。
>>NFT Marketing Orchestra

ちなみにコミュニティから離れたい時は、
参加券となるNFTアートを
売ることも可能です。

ゲームのアイテムになる

メタバースやブロックチェーンゲームで、
自分のキャラクターに着せる服や靴も
NFTアート化しています。

ルイ・ヴィトンやロレックスなど、
有名ファッションブランドも、
次々とNFTアートに参入中。

すでに超高額で取引もされており、
価格が急騰しています。

自分の買ったNFTアートを
鑑賞するだけではなく、
使用できるのは面白いですね!

NFTアートのクリエイターになってみる!

NFTアートの出品者は、
まだまだ少ないです。

また驚くべきは、
ものすごく上手い絵ばかりが、
高額で取引されている訳でもありません。

例えば、小学3年生が描いた
ドット絵のNFTアート。

自由研究で挑戦してみたそうです。

お世辞にも上手い絵ではありません。

それなのに、小学生の書いたドット絵は、
超高額で取引されています。

その額は、合計380万円!

スゴすぎます…!

実は、こんな例はいくつもあります。

軽い気持ちで描いたNFTアートが、
高額で取引されている事例は、
ものすごく多いんです!

まだ日本のNFTアーティストは、
ほとんどいません。

ぜひ早めに挑戦して、
先行者利益を狙ってみてください!

NFTアートにはリスクもある!

NFTアートは、
まだ発展途上のコンテンツです。

だからこそ、お金の流入が異常で、
バブルが崩壊する可能性は、
とても大きいです。

しかも新しい領域だからこそ、
法整備が十分に整っているとは言えません。

NFTアートを購入した時の
著作権問題などは、
まだ議論をされている最中です。

考えなしに、
NFTアートを購入していると、
手痛いしっぺ返しがくるかもしれません。

まずはスモールスタートしてみよう!

NFTアートには、
まだ発展途上だからこその
課題や問題点はあります。

ただ逆に言えば、
今チャレンジすることで、
先行者利益を得られます。

注目株のアーティストを発掘して、
値段が安いうちに作品を購入すれば、
大金を稼げるかもしれません。

NFTアートのクリエイターとして
出品してみるのもワクワクします。

また、今後盛り上がりそうな
NFTコミュニティに入るのも面白いです。

例えば、イケハヤさんが注力している
Ninja DAOは、かなり熱いですね!
>>Ninja DAO

今なら、NFTアートの市場が、
盛り上がっていく過程を
今なら間近で見られます!

安いNFTアートを買ってみて、
「NFTアートってこんな感じか」
って経験するのも良いかもしれません。

ぼくが買ったCNPというNFTアートは、
1つ5000円くらいでした。
>>CNP(CryptoNinja Partners)

「まぁそれくらいなら、
1つ買ってみてもいいかもな」
という人は、挑戦してみてください!