新しいキャリアの選択肢

【時間が足りない!】時間を捻出する方法5選

その他

「時間が足りない!」と思うことはありませんか?
時間は、意識的に捻出しないと作れません。
そして時間を捻出するのは、結構大変です。

今回は、5つの観点から、時間を捻出する方法を紹介します。

目次

隙間時間を使う

移動時間や待ち時間を有効活用すれば、かなりの時間ロスになります。隙間時間があると、スマホをいじって時間を浪費してしまう人が多いです。しかし隙間時間があった時に、あらかじめ何をするか考えておくと、有効活用することができます。

隙間時間の一例

  • 休憩時間
  • 待ち時間
  • 電車の中
  • トイレ中
  • 歩いてる時

歩行中の時間の使い方は、イメージがつきづらいと思うので、補足します。歩行中は、考え事をするのに適しています。また耳で行う情報収集をするのも効率的です。Audibleで耳を使って、読書時間を捻出するのは、かなりオススメです。

遊ぶ時間を減らす

休日や仕事終わりの、遊ぶ時間を減らせば時間を作れます。例えば、会社や友人との飲み会や、趣味に割く時間が多すぎないか振り返ってみて下さい。いきなりゼロにするのは難しいかもしれないので、徐々に減らす努力をしてみましょう。

またスマートフォンのアプリを削除するのも効果的です。意外にスマートフォンに触っている時間は多いです。この時間を減らせば、他の作業に注力できます。スマホ時間の減らし方について書いてある本を、別記事で書いているので、読んでみて下さい。

業務効率化

業務効率化とは、仕事をするプロセスの中で「ムリ」「ムダ」「ムラ」を見つけ、生産性を高めることです。業務効率を意識することで、今まで費やしていた時間を、他のことに充てられるようになります。

自分の作業効率を分析してみて下さい。作業のムダな部分が意外に見つかります。例えば作業の中で、自動化できるものを探したり、人に頼める作業を自分でやらないようにすることで、時間を捻出することができます。

睡眠時間を調整

自分が朝型か夜型かを把握することは大切です。人によって、業務効率が良い時間帯があります。自分が調子の良い時間帯に、しっかりアクションできるように、生活リズムを調整する必要があります。

一番キケンなのは、朝型なのに夜更かしをして、仕事のギリギリに起きるというサイクルです。夜更かしの内容にもよりますが、スマホをいじったり、動画を見ているせいで、時間をムダにしてしまうのは、もったいないです。注意しましょう。

モチベーションを管理する

仕事へのモチベーションは、業務効率に大きく影響します。またモチベーションが低いと、時間が捻出できても、ムダに浪費してしまう可能性もあります。その仕事への意義を探したり、ご褒美を作るなど工夫をしてモチベーションを保つようにして下さい。

またモチベーションは、努力でコントロールができます。「EQ」という指標を勉強してみて下さい。これは感情をコントロールするために必要な考え方です。別記事で紹介しているので、読んでみて下さい。

最後に

時間を捻出する方法を、5つご紹介しました。しかし、一番有効な方法は環境を変えることです。例えば残業が多い会社なら、転職をしたり、フリーランスを検討する方法もあります。時間を作りたい理由を深掘りして、様々な方法を模索してみて下さい。