新しいキャリアの選択肢

相手に刺さる会話が分かる! ソーシャルスタイル とは?

その他

ソーシャルスタイル って知ってますか?

ソーシャルスタイル は大手企業やグローバル企業で
研修にも使われているコミュニーケーション理論です。

誰でも苦手と感じるタイプの人がいます。
しかし社会人になると、苦手なタイプの人とも
良い関係を築かなければならないことがあります。

そんな時にこの理論を使うことで、
相手とよりスムーズに
コミュニケーションを取ることができます。

私も苦手なタイプの人が多めなので、
キャリアアドバイザーを始めたばかりの時は、
かなり苦労をしてきました。

しかし現在は、ソーシャルスタイルを意識して
コミュニケーションを取れるようになり、
0とまでは言いませんが、
うまくコミュニケーションを取れない人は
格段に減りました。

もっとコミュニケーションが上手くなりたいと言う人は、ぜひ読んでみてください。

目次

ソーシャルスタイル とは?

1960年代にアメリカの産業心理学者
デビット・メリル氏によって
提唱されたコミュニケーション理論です。

人の考え方や意思決定の傾向を
4つのタイプに分けたものになります。

このタイプが見分けられれば、
相手が望ましいと感じる対応や
効果的な営業方法などが推測できます。

以下の表がソーシャルスタイルの4タイプです。

以下のサイトで、自分のタイプを確認することができます。
ソーシャルスタイル診断
※4つのタイプには優劣はなく、行動傾向を知るための指針に過ぎません。
※上の表の対角線上にあるタイプ同士が、相性が悪いとされています。

ソーシャルスタイル 4種類


ソーシャルスタイル には4種類のタイプがあります。

  • ①エクスプレッシブ(行動型)
  • ②エミアブル(調和型)
  • ③ドライバー(目的達成型)
  • ④アナリティカル(思考・分析型)

①エクスプレッシブ(行動型)

自己主張が強く、感情表現も豊かです。
エネルギッシュでとりあえず行動してみる
という考えを持っている方が多いです。
飽きっぽい傾向もあるので注意!

見分け方:表情に出る、意思決定が早い

喜怒哀楽が表情に出るタイプで、ノリが良く、
すぐにアクションを起こすようなタイプであれば、
エクスプレッシブです。

感情を出すコミュニケーションを取る

エクルプレッシブの方には
「楽しそう!」「ワクワクする!」など、
感情に訴えかけるような言葉が刺さります。

また褒められることが
特に好きなタイプなので、
意識的に褒めることで
関係が良好になります。

逆に、相手の感情が分かりづらい相手とは、
距離をとる傾向にあります。

何かしら自分の意見や感情を
伝えるような単語を
多く発するように意識してください。

※私はエクスプレッシブの方と話す際は、
「嬉しい」という言葉を
意識的に言うようにしていました。

②エミアブル(調和型)

協調性が強く、人間関係を大事にするタイプです。
感情表現は豊かですが、
エクスプレッシブに比べて、
あまり自己主張はしません。

人に寄り添うこと好む傾向にあり、
逆に自分の意見を言って
対立が起こることを好みません。

見分け方:表情に出る、熟考しがち

聞き上手な傾向があり、
自分で何かを決めるよりも
人に合わせることが多いです。

表情豊かだけれど、
自分の話をあまりしたがらない
と感じる人はエミアブルです。

自分の意見を強く発しすぎないように注意

基本的に肯定から入るコミュニケーションが良いです。
エミアブルは対立を避ける傾向にあるため、
自分の意見を肯定してもらえることで
安心して話してもらえるようになります。

逆に否定的な受け答えをしてしまうのはNGです。
反対意見を言う時も、まずは相手に共感した上で、
自分の意見を言うことを心がけましょう。

③ドライバー(目的達成型)

自分の軸を持っており、自己主張をしっかりします。
目的達成のため、合理的に動くのを好みます。
経営者に多いタイプです。

感情を表に出さず、
目的のために厳しい判断を下すこともあるため、
冷たく見えることもあります。

見分け方:表情に出ない、意思決定が早い

感情的な表現よりも、ロジカルに自分の主張をします。
メリットデメリットという観点から考えて
すぐに行動を起こせる人はドライバーです。
また戦略や勝負事の話が好きです。

ロジカルなコミュニケーションを取る

ドライバーの人は、合理的で結論を早く知りたい人が多いです。
そのため、結論を先に言う
コミュニケーションを特に意識してください。

また共感していることを伝えたり、
感情に訴えかけるようなコミュニケーションは、
あまり刺さりません。
メリットデメリットという観点から話すようにしてください。

④アナリティカル(思考・分析型)

周囲を観察し、分析することを好むタイプです。
ドライバーと同じくデータを好みますが、
計画を立てるところで満足しがちです。

またマイペースでコツコツした作業が得意です。
学者や職人に多いタイプです。

見分け方:表情に出ない、熟考しがち

冷静な印象を与えます。
人から慎重で真面目と言われることも多いです。
集団でいるときは、聞き手に回りがちで、
1人で作業をしたりすることも苦にならなければアナリティカルです。

リスクについて訴えるような情報が刺さる

情報を集めて分析をすることが好きなアナリティカルは、
リスクについての情報が刺さります。
逆にオイシイ情報は「本当か?」
と疑いを持って入ることが多いです。

また減点方式で物事を考えがちなので、
プラスの情報を伝えるよりも
「リスクがない」「安心」というような表現をする方が効果的です。

最後に

ソーシャルスタイル理論の魅力的な点は、
初対面からでもどのタイプか見分けるのが容易な点です。

「表情豊か」かと、「意思決定が早いか」の
2点でおおよその判別がつきます。
またこのコミュニケーションを意識することで、
感情面とロジカル面の双方から
コミュニケーションをする習慣が付きます。

ソーシャルスタイルに関する本

という訳で今回は以上です。
最初から完璧に使いこなすのは難しいかもしれませんが、
「たぶん、この人は〇〇タイプかな…」と
想定しながら話すだけでも
効果的だと思うので、使ってみてください。

この記事を読んだ人が併せて読んでます!