新しいキャリアの選択肢

会社員で 年収 を上げていく方法3選【転職する前に絶対見てください】

キャリア形成

「年収を上げたいけど、何すればいいの?」
「どんな転職したら年収上がるの?」
という方に向けて書いた記事です。

ぎむろう
大手紹介人材会社を退職し、フリーランスとして、動画編集やレンタルスペース運営を行っています。キャリアアドバイザーだった経験を活かし、転職ノウハウや求職者への本音を発信します。

誰もが望んでいることだと思いますが、
どうすれば上がるか
言語化できている人は少ないと思います。

転職ですぐに年収を上げるには
現職で実績を出しておく必要があります。

もし実績を出せていないのなら、
年収を上げるまでには、時間がかかります。

今回は、基本的な年収の上げ方を
3パターンをご紹介します。

伸びている業界に転職する


個人的に1番オススメの方法です。

一般的に伸びている業界で言うと、
「まだアナログな要素が多い業界に、
IT要素を取り込んでいる会社」が
好調なところが多いです。

伸びている業界一例

  • IT×エンタメ VRを使ったアトラクション
  • IT×農業 ドローンを使った農薬散布
  • IT×医療 カルテなどの書類をIT管理するシステム

伸びている企業は、
採用に多くの予算をかけており、
転職時に年収が上がる可能性が高いです。

また早いタイミングで
役職を任されることもあり、
入社後も年収が上がりやすいです。

伸びている会社では対応力が大事

読まれている方の中には、
「イメージ湧かないから、不安」
と思われる方も多いかもしれません。

新しい技術やサービスについては、
ほとんどの人が分からないため、
入社前に深い知識は求められません。

ただ入社後に自主的に勉強したり、
会社の成長スピードに合わせて、
対応していく力が社員にも求められます。

ニーズがあるスキルを勉強する


社会的にニーズがあるスキルは、
すぐに人材の取り合いになります。
その結果として、年収が高くなります。

例えば、AIに関連する
プログラミング言語が扱える人は、
新卒1年目でも年収1000万円以上
もらえている人もいます。

またAIに関係なくても、
ITエンジニアのニーズは高く、
経験者の場合は、転職で年収が上がりやすいです。
※未経験エンジニア採用の場合、年収は低いです。

キャリアチェンジをするなら副業から

ニーズがあるスキルを勉強する場合、
いきなり転職は危険です。
なぜなら、ニーズがあるスキルが、
自分に合っているかどうかは別の話です。

教材で勉強したり、
スクールに通ったりして、
本職にすべきかチェックして下さい。

1ランク上の仕事をやる


当然ですが、1ランク上の仕事をやれば
年収が上がります。

年収を上げたいのであれば、
早いスパンで難しい仕事を
任せてもらえる環境で働きましょう。

1ランク上の業務をやるためには

基本的に今より難しい仕事を
任されるためには、
長期就業するか、実績を出すかの
2つしかありません。

しかし実績を出しているのに、
難しい仕事が任されない場合は、
転職することで解決することがあります。

例えば、管理職ポジションの求人は、
マネージメント未経験者が
内定を取ることがあります。

後輩育成や周囲と連携する業務など
管理職を担う上で
役に立つスキルが身に付いていれば、
管理職をやったことがない人でも
内定が出ることがあります。