新しいキャリアの選択肢

【失敗談】ビジネスで300万円失った話

キャリア形成

もし、あなたがビジネスをやったら、
どんな失敗が起こりえると思いますか?

今回は、わたしがビジネスに失敗して
300万円を失った時の話をします。

正直いうと、とても辛かったです!

この失敗は、
誰にでも起こり得えます。

これから副業や個人ビジネスをする人は、
ぜひ、わたしを反面教師にしてください!

結論から言うと
「初期投資は、極力小さくしよう!」
という話です。

「そんなのは分かってるよ!」
と思う人もいるかもしれません。

わたしも
初期投資にお金をかけすぎるのは、
良くないことだと分かっていました。

ただ、あれよあれよと
300万円を失いました。

この話に興味がある人は、
ぜひ読んでみてください!!

どんなビジネスに挑戦したか?

わたしが挑戦したのは
レンタルスペースというビジネスです。

最初に言いたいのですが、
レンタルスペースは、
とても良いビジネスです。

ただ、わたしは
勢いに身を任せて挑戦したら、
失敗したというだけの話です。

レンタルスペースは「1時間〇〇円」で
自分の借りている賃貸物件を貸し出す
というビジネスです。

パーティースペースや
会議室、ダンススタジオなど、
様々な種類があります。

決済は、完全ネットで、
掃除もバイトに委託することで、
ほぼ全て自動化できるビジネスです。

まだライバルも少なく、
利用ニーズは結構あるので、
かなり将来性のあるビジネスです。

このビジネスに挑戦している人は
月収20万以上の収入を得ています。

最初の見つけた時は、
「なんて良いビジネスなんだ!
これは運命だ!!」と思いました。

レンタルスペースというビジネスが
輝いて見えました。

レンタルスペースビジネスに
挑戦している人に、何人も話を聞き、
相談しながら、ビジネス立ち上げました。

不動産屋を10件ほど回り
すごく良い物件を発見!

しかもその物件は
ちょうど昨日、登録されたものらしい。
まだ誰にも紹介されていない物件。

このチャンスを逃す手はない!

「想定より広くて、家賃も高いけど、
ここなら、きっと成功できる!」
そう確信をしていました。

成功確率を上げるため、
様々な備品を揃え、妥協はしません。
総額300万円の出費。

最初は、100%成功すると思ってました。
失敗するなんて思いませんでした。
でも失敗しました。

失敗の原因は騒音問題です。

不動産を契約する中で、
大家さん、下の階の人、隣の部屋も
大きい音出しのOKは取れていました。

それなのにオープン初日で
騒音クレームをもらっています。

最初に騒音クレームが来たのは
上の階の人でした。

音は、上に響きにくい特性があるのですが、
ビルの構造上、廊下を伝って、
音が響きやすくなっていました。

その確認不足が
レンタルスペース撤退の
原因となりました。

大家さんから
クレーム電話がかかってきた時のことは、
今でも忘れません。

一瞬で血の気が引いたのを覚えています。

この失敗から学んだこと


このビジネスから学んだのは、

「100%成功するビジネスはない!」

「初期投資は、極力小さくしよう!」

ということです。

「もっと確認していれば、
この失敗を回避できたかもしれない」
という後悔もあります。

しかし初めてのことは、
どんなに確認しても
盲点がある可能性が高いです。

そのため「100%成功できる!」
と思っていても、必ず失敗を想定して、
初期投資を抑えるのが大切だと学びました。

そして軌道に乗ったら、
徐々に投資額を上げていく。

これがビジネスをする上での
かなり大事な教訓になりました。

この失敗をきっかけに、
ビジネスやる前に始めたことがあります。
それはコストの確認です。

「このビジネス始めると
初期投資と撤退コストは
〇〇円くらいだな」

この確認を徹底しています。

「このチャレンジは失敗するかも知れない。
でも失敗しても致命的な痛手は負わない」

その確認ができると、
新たな一歩を踏み出す前に
足がすくむことが無くなりました。

もし、これからビジネスを始める人は、
わたしを反面教師にして、
ビジネスに挑戦してみて下さい!

↓無料メルマガはこちら↓

↓ぎむろうのプロフィールはこちら↓