新しいキャリアの選択肢

転職しない方が良いケース 5選【キャリアアドバイザーの経験から回答します】

キャリア形成

転職は人生の分岐点です。転職は頻繁にやるものではありません。転職しない方が良いケースは3つです。

それは①理想が高過ぎる、②慎重さが足りない、③見切りをつけるのが早過ぎる の3パターンです。

キャリアアドバイザーをしていると「この人は転職をやめておいた方が良いんじゃないか」と思うことも結構ありました。今回は、転職すべきでないケースと対策を5つ紹介していきます。

目次

転職しない方が良いケース①:周りに流されて転職

年末年始やお盆の時期に、求職者が増えます。久しぶりに会う親戚や友人と飲みに行き、給与・条件面を周囲と比較して、転職活動を始める人が結構多いです。

転職は人生において重大な意思決定です。周りに流されて始めるものではありません。もし「現職で、まだやりたいことがある」と考えるなら、今すぐに転職すべきではないかもしれません。

判断軸を持って転職活動をする

この記事を読まれている方の中には「現職でやりたいことはあるものの、転職活動も挑戦したい」という人もいると思います。

転職エージェントや人事は、すぐ転職するように誘導してきます。自分のキャリアプランや転職で叶えたいことを明確にして、転職活動に挑むようにして下さい。

「転職活動 = 転職」ではない

転職は、キャリアの健康診断です。転職活動をしたら、必ず転職しなければいけない訳ではありません。内定が出ても、懸念点があれば、問題なく辞退ができます。

現在のキャリアが、自分のなりたい姿に近づいているかを確認するために、転職活動は行います。カウンセリングを受けて、現在の自分のスキルが、他社でどれくらい評価されるかチェックしてみて下さい。
>>転職エージェント大全【元キャリアアドバイザーが本気で選びました】

転職しない方が良いケース②:ネームバリューにこだわった転職

転職で叶えたい目標が、曖昧な場合に起こる失敗です。企業選びの基準がないと、有名企業や大企業を無条件に良い企業だと判断しがちです。

自分の中で判断軸が曖昧なまま転職すると、企業文化や仕事内容が合わず、短期離職するケースは結構あります。

自己分析と企業分析を徹底する

良い転職をするには、自己分析と企業分析が大切です。人生の転機だからこそ、可能な限りロジカルに意思決定をすることが大切です。
>>転職を成功させる自己分析のポイント【無料で使えるツールも紹介します】

自分のキャリアプランと転職先で出来ることがマッチしているかを入念にチェックしてみて下さい。もしマッチしていない企業ならば、どんなに有名で大きいところでも、転職すべきではありません。

カジュアル面談をしてみる

企業の中には、最終面接前後で「カジュアル面談」を組めるところもあります。カジュアル面談とは、選考とは別に企業理解を深めるため、人事や現場社員と話すことができる場です。転職する上で、気になるポイントがある場合は、打診をしてみて下さい。

また様々な企業の社員に、キャリア相談できるサービス(キャリーナ)もあります。もし受験している企業の社員が見つかった場合は、このようなサービスも積極的に使ってみて下さい。
>>careena(キャリーナ)の特徴・評判【元転職エージェント社員が本音で書きます】
>>careena(キャリーナ)への登録はコチラ

転職しない方が良いケース③:リスクを伴う転職

年齢が上がるにつれて、転職で失うものが増える傾向にあります。代表例が給料です。意外に知られていない事実ですが、転職で年収が上がるケースはかなり少ないです。養う家族がいる場合は、かなり深刻な問題です。

内定が出るのも難しくなる

若いと育成対象として見られますが、年齢が上がるにつれて、即戦力性が求められます。今まで培ったスキルが、他社でどのくらい活かせるかを、面接官にシビアに評価されます。

また40代以降になると転職先が見つからず、かなり苦労する人もいます。転職をする・しないに関わらず、スキルチェックをしてみるのはオススメです。

スキルチェックをするなら、ミイダスが、人気です。
>>ミイダスの特徴・口コミ【元転職エージェント社員が本音で書きます】


転職しない方が良いケース④:人間関係が原因の転職

人間関係のトラブルは、どの会社でも起こり得る問題です。転職に踏み出す前に、自分から問題改善のために取れるアクションを探すことも大切です。

人間関係改善のためのアクション

  • 自分の改善点を探す
  • 問題の改善案を打診してみる
  • 上司の変更を希望する
  • 異動を希望する

これらの行動を取った上で、問題が改善できない場合、転職に踏み出してみて下さい。改善のために行動したことを伝えれば、面接官も問題の深刻さを理解してくれます。

転職しない方が良いケース⑤:入社1年以内の転職

新卒入社・中途入社共通して言えることですが、入社前とのギャップを感じて、退職するケースはとても多いです。

どうしても耐えられない場合は仕方がないですが、長く働くことで見えてくることもあります。我慢できるレベルの問題であれば、1年間を目標に働いてみて下さい。

もし転職に踏み切るなら慎重に

早期離職は1回までなら、受け入れてくれる企業が多いです。しかし2回連続の早期離職は、企業から懸念され、書類通過率がかなり下がります。次の会社では、長期就業できるように、力を入れて分析する必要があります。

自分だけでは分析が難しいようであれば、転職エージェントに相談するのも1つの手です。転職のプロなので、どんなことを意識して転職すべきか、適切なアドバイスをもらえます。
>>転職エージェント大全【元キャリアアドバイザーが本気で選びました】

最後に

転職を頻繁にオススメはしません。ただ転職活動は定期的にした方が良いです。転職活動は、キャリアの健康診断です。転職活動をしながら、自分が本当に転職すべきかを見極めるようにしてみて下さい。
>>辞めた方が良い職場の特徴|キャリア形成の視点で考えます