新しいキャリアの選択肢

転職エージェントがしつこい時の対処法【元キャリアアドバイザーが本音で回答します】

転職エージェント

転職エージェントからの連絡がしつこすぎる!
転職エージェントから、興味のない求人ばかりプッシュしてくる!

こんな不満がある人は、読んでみて下さい。

この記事を読んで解決できること

  • なぜ転職エージェントはしつこいのか?
  • 転職エージェントの連絡を無視したらどうなる?
  • どのように転職エージェントに対応すれば良いか?

先に結論を記載します。

転職エージェントがしつこい時の対処法

  1. まず、キャリアアドバイザーに不満を伝える
  2. 改善しない場合は、担当変更
  3. もしくは、別の転職エージェントを使う

より詳しく知りたい人は、読んでみて下さい。

目次

信頼性

前職は、大手転職エージェントでキャリアアドバイザーをしていました。キャリアアドバイザーとして、1000人近い求職者の支援をしてきました。転職エージェントで働いていた経験を元に、転職エージェントの対処法を紹介します。

補足

キャリアアドバイザーと記載していますが、転職エージェントによって「キャリアコンサルタント」や「キャリアカウンセラー」と名乗っている場合があります。名称は違いますが、業務内容は同じです。

転職エージェントがしつこい理由

転職エージェントがしつこい理由

  • 営業ノルマを追っている
  • 求職者と関係構築したい
  • 求職者の状況を確認したい

転職エージェントがしつこい理由①:営業ノルマを追っている

転職エージェントでは、月次で転職支援をした人数をノルマ化しています。そのため、支援したい求職者には、積極的に連絡を取ります。

転職エージェントがしつこい理由②:求職者と関係構築したい

キャリアアドバイザーが、他の転職エージェントを使って、選考が進むことを懸念しています。そのため、求職者に自社から求人応募をしてもらえるように、定期的に連絡をしてきます。

転職エージェントがしつこい理由③:求職者の状況を確認したい

キャリアアドバイザーは、他社で選考が進んでいるかを、気にしています。もし求職者が転職活動を終了していた場合、求人紹介する時間が無駄になってしまいます。

私が働いていた転職エージェントでは、キャリアアドバイザー1人あたり、70~150人くらいの求職者を担当しています。そのためキャリアアドバイザーが、自分の手で支援できそうな求職者に、より多くの時間を割きたいと考えています。

転職エージェントのしつこい行動のパターン(解決策あり)

転職エージェントのしつこい行動のパターン

  • 電話の頻度が多い
  • メールが多い
  • 興味のない企業を推してくる

転職エージェントのしつこい行動①:電話の頻度が多い

仕事中や休日に、キャリアアドバイザーから連絡が来ることを、不満に感じる人は多いです。電話を無視することで、キャリアアドバイザーとの関係が悪化して、求人紹介が少なくなったりするケースもあります。

解決策 キャリアアドバイザーとルールを作ろう

こちら側から、キャリアアドバイザーに、電話できる時間を伝えましょう。例えば「仕事が忙しいので、電話は19:00以降にして下さい」などの依頼をすれば、連絡頻度を抑えられます。

転職エージェントのしつこい行動②:メールが多い

転職エージェントに登録すると、求人紹介メールが大量に送られてきます。「メールが多すぎて、重要なメールを見逃してしまう」という不満は多いです。

解決策 メール設定から配信を止める

転職エージェントからのメールの多くが、システムから自動で送られてくるものです。自動で送られてくるメールは、マイページの設定から、数を減らすことができます。

もしくは、キャリアアドバイザーに連絡することで、配信設定を変えてもらえるメールもあります。

転職エージェントのしつこい行動③:興味のない企業を強く推してくる

キャリアアドバイザーの中には、興味のない求人を送ってくることがあります。また、書類選考を通過してから、選考辞退をしようとすると、しつこく企業の魅力を営業される時もあります。

解決策 興味のある求人のパターンを伝える

キャリアアドバイザーと求職者の間で、マッチングする求人について、認識ズレがあるかもしれません。

一度、転職サイトを使い、自分の興味のある求人をピックアップしてみましょう。そしてキャリアアドバイザーに、興味のある求人を何個か伝えてみて下さい。求人の質は、高確率で変わります。

もし、それでも変化がない場合は、担当アドバイザーの変更を依頼しましょう。

転職エージェントの連絡を無視し続けた時のリスク

転職エージェントの連絡を無視し続けた時のリスク

  • 求人紹介の頻度が落ちる
  • 担当が外れる

①求人紹介の頻度が落ちる

連絡を無視し続けると、キャリアアドバイザーの注力対象ではなくなります。そのため、新しい求人を紹介をしてもらえる頻度が減ります。

②担当が外れる

多くの転職エージェントが、サポート期限を設けています。大体3~6ヶ月くらいで転職先が決まらない場合、担当キャリアアドバイザーが外れてしまうことが多いです。

こちらから「転職活動をやり直したいから、再度サポートしてほしい」と連絡すれば、再度担当をつけてもらうこともできます。ただ言いづらい場合は、他の転職エージェントを使って、やり直すのもオススメです。
>>【転職を失敗しないために】悪いCA( キャリアアドバイザー )の見分け方

優秀なキャリアアドバイザーを見分ける

優秀なキャリアアドバイザーを見分ける

  • しつこいのが改善しない
  • 魅力的な提案がない
  • 書類選考が通らない

担当変更を見極める基準①:しつこいのが改善しない

「転職エージェントのしつこい行動と対策」で紹介したアクションをしても、改善しない時があります。その場合は、キャリアアドバイザーの質が悪いです。

担当変更を依頼するか、別の転職エージェントを使いましょう。
>>転職エージェント大全【元キャリアアドバイザーが本気で選びました】

担当変更を見極める基準②:魅力的な提案がない

優秀なキャリアアドバイザーは、求職者の視野を広げられます。

誰でも知らないものには、興味を持てません。そこで、求職者が自分では探せないような、企業・職種を提案することが、キャリアアドバイザーの役目です。

もし、魅力的な提案が少ないキャリアアドバイザーなら、優秀とは言えません。自分で求人を探して応募した方が効率良く転職活動ができます。

担当変更を見極める基準③:書類選考が通らない

人柄が良いキャリアアドバイザーが優秀な訳ではありません。たくさん求人応募をしても、書類選考が通らない場合があります。

書類選考が通りづらいのは、キャリアアドバイザー側の実力不足の可能性もあります。別のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。すぐに書類選考が通過するかもしれません。

転職エージェンがしつこい時の対策①:担当変更を依頼する

もしキャリアアドバイザーの対応に、懸念があるときは、担当変更を検討しましょう。また懸念点を伝えることで、より相性の良いキャリアアドバイザーを、担当につけてもらえます。

担当変更の方法

多くの転職エージェントが、マイページに「問い合わせフォーム」を設置しています。そこから担当変更の依頼ができます。もし見つからない場合、転職エージェントのサポートセンターに、電話やメールをしてみて下さい。

担当変更を伝える時の注意点

担当変更の依頼をするときは、理由をしっかり考えましょう。もし、うまく伝えられないと、こちら側が理不尽と思われてしまいます。そうすると、遠回しにサービス退会を促されます。

担当変更を希望する理由 一覧

  • 連絡頻度が多い
  • 依頼をしても何も変化がない
  • 担当者の業界知識がない
  • 担当者のマナーが良くない
  • 担当者の連絡が遅い

転職エージェンがしつこい時の対策②:別の転職エージェントを使う

直接、担当変更を伝えるのが億劫な人もいると思います。そういう人は、他の転職エージェントを探してみて下さい。
>>転職エージェント大全【元キャリアアドバイザーが本気で選びました】

パソナキャリア(顧客満足度No.1)

パソナキャリアは、顧客満足度3年連続No.1を獲得しています。また年収アップ率67.1%となっており、転職エージェントの中でも高水準です。

またパソナキャリアは、女性特化の支援チームを設置しています。産休・育休を含めた、長期的な女性のキャリアについて相談したい人にはオススメです。
>>パソナキャリアの登録はコチラ(無料)

JACリクルーメント(ハイクラス向け)

JACリクルートメントは、ハイクラス転職に特化しています。知識豊富なキャリアコンサルタントが、求職者のスキルを生かしたマッチングをしてくれます。そのため、内定時に年収100万円くらいアップする人も多いです。

JACリクルートメントは、海外転職のノウハウも豊富です。またアジア圏の求人だけでなく、イギリス・ドイツのものも保有しているのも特徴です。
>>JACリクルートメントの登録はコチラ(無料)

MS-Japan(管理部門特化)

MS-Japanは、経理・人事・総務・企画などの管理部門求人に特化しています。経理・財務・会計士に絞ると、リクルートエージェント(求人数No.1)よりも多い求人数です。

キャリアコンサルタントの知識も豊富で、有益なアドバイスがもらえます。
>>MS-Japanの登録はコチラ(無料)

最後に

今回は、転職エージェントがしつこい時の対処法を紹介しました。

転職エージェントがしつこい時の対処法

  • まず、キャリアアドバイザーに不満を伝える
  • 改善しない場合は、担当変更
  • もしくは、別の転職エージェントを使う

転職エージェントとの相性は、転職成功に大きく影響します。
この記事が、皆さんの参考になっていれば嬉しいです。